ヘッダー画像

ガジェット ライフハック 買ってよかったもの

【コスパ最強】安いワイヤレスイヤホンはTaoTronicsがおすすめな理由

2020年2月18日

まず最初に有線でイヤホンを使っている人は、ぜひワイヤレスイヤホンを試してもらいたい。とにかく便利である。

俺は効率とか、時短とかを考えていつも物を購入するけど、これもその考えから取り入れたアイテム。
昔は音質にこだわっていたけど、今は音質はけっこうどうでもいい。
ただ音楽がそれなりの音で聞ければいいのだ。

そして値段が高くないからある程度雑に扱っても大丈夫なもの。
そこでかなりおすすめなイヤホンに辿り着いたから紹介したい。

ちなみに、ポータブルオーディオの1万円以内部門で見事1位2位を獲得している。

テツです。Twitterもよろしくおねがいします。

TaoTronics SoundElite

これが安くてある程度雑に扱えるとても便利なイヤホンだ。その名もTaoTronics。名前もなんだかおしゃれな感じがする。
わかりやすく一枚の画像である程度記載してしまったが、とりあえずこの画像を見ただけでどのようなものかわかったはずだ。
いや、わからなくてもいい。俺もよくはわからないけど、なんとなくいい感じなのはわかった。

俺は普段の移動とジムはこのTaoTronicsイヤホンを使用しているが不満はひとつもない。
そこまでイヤホンに性能を求めていなかったからかもしれないけど、今までは少なからず不満があった。

これは見事に全部払拭してくれた。下記に詳しく解説する。

約3,000円と安い

まず一番はこれである。
Bluetoothワイヤレスイヤホンでこの値段のものはかなり存在する。だからこそ迷うのだ。

どれを見ても同じような説明文。
CPUが何使ってるかとか専門用語が多すぎるし、そこでいちいちCPUの名前とか通信規格とか調べる人のほうが稀だろう。
調べてもイヤホンを購入したあとはだいたい忘れてる。

要は安くて音質がそこそこ良くて、使いやすければいいのだ。それを叶えてくれたのがこのイヤホン。

迷ったら俺はこれをおすすめしたい。
実際友人にもこれを試してもらったが二人ともこれを買ってた。

操作がシンプルで使いやすい

物理ボタンは3つ。

  • 主に
  • 曲を最初から
  • 次の曲
  • 音量UP・DOWN
  • 電源ON、OFF
  • 一時停止

こんなところである。だが、この機能で十分なのだ。

物理ボタンだから、実際に押したかどうかがダイレクトでわかる。
俺はAirPodsも使用したことがあるが、どうもイヤホンでのタッチ操作は使いづらい。
何のために採用しているのかわからない。

なんでもタッチ式にすればいいわけじゃない。
見えない場所だから物理ボタンがいいのである。
そして「あれ、反応したかな?」がなくて済む。

あと俺にとって大問題があって、手を枕にして寝ることが出来ないのだ。
手の甲でタッチしてしまい曲が操作されてしまう。
これが俺にとって一番ネックな部分であった。
手を枕にしなければいい話だが、俺は手を枕にしてうつ伏せで寝たい。

磁石によって失くさない、邪魔にならない

これも他のイヤホンでもだいぶ採用されているものが多いが、やはりこの機能は使いやすい。

くっついていないとマフラーの取り外しとか上着の脱着、リュックの脱着などでひっかかってしまうことがある。
この磁石によって、このひっかかりが抑えられる。

使用しないときはこのように磁石でくっつけていれば邪魔にならない。
これがないとジョギングの一歩一歩ごとにイヤホンコードがぶらぶらして集中できない。
あとマックとかで注文の際も、イヤホン取り外し時にいちいちケースに戻さなくて済むから手軽。

耳にフィットしやすい

これは人によると思う。とりあえず俺の耳にはフィットした。
というかこれでストレスを感じない

イヤホンのものによるだろうが、フィットしないものはイヤーチップを変えたところでフィットしない。
その点これは少なからず俺と友人含め3人はフィットしたのだ。つまり、ある程度の人にフィットすると考えられる。
あくまで多分だが。

俺はもともと付いていたやつで十分だったが、たくさん付いてくるので試してもらいたい。

IPX6の防水仕様

これもどのイヤホンでもある程度対応している。

IPX6とか言われても分からない人もいるから説明する。

IPX6

"あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)"という意味。雨ぐらいは問題ない。

IPX8

ちなみにこれがIPX8になれば"継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)"となる。

このイヤホンはIPX6だから日常生活は全部網羅できる。
日常で水中に潜る人はいないし、シャワーぐらいだったら耐えられる。
だけど俺はシャワーでイヤホンしないし、ましてや水中で音楽を聴くこともない。

もし水中で音楽を聴きたいなら残念ながらこれはおすすめできない。

高音質

iPhoneでもandroidでもいい音楽が聴けますよ。って話で、これは音楽ファイル形式の話。
女子高生とか男子大学生でも音楽ファイル形式なんていちいち気にするだろうか。簡単にいうと「高音質再生可能でいいですよ」って話。

正直、今どきYoutubeやSpotifyで聴くんだから、元々の音質がそこまでいいわけじゃない。
何回も言うがそれなりの音質で好きな音楽を聴ければいいのである。これに尽きる。

もっと高音質を求めるのであれば他のイヤホンをあたってほしい。
この「高音質」だって人によって定義は違うからどうでもいい。
ただし100均とかのイヤホンは別。あれは音がチープすぎる。

通話でのノイズキャンセリング

これは俺も1回しか試したことないが、感想としては「普通に話せる」という感じ。
そこまで通話にこだわる人はいるだろうか。

音楽聞いてたときに電話かかってきて、すぐ電話に出られる場所っていうのがそもそも限られる。
まぁ普通に通話できるしおすすめといえばおすすめ、ぐらい。人によってはクリティカルに便利なのかもしれない。

これだったら俺が持ってるHUAWEI Watch GT2 の腕時計による通話機能のほうが100倍使える。

【超絶便利】HUAWEI Watch GT2 スマートウォッチ最高の出来

HUAWEI Watch GT2 は利便性とおしゃれさで現在最高のスマートウォッチだと思う。(俺のは46㎜) 俺が発売日 ...

続きを見る

俺が紹介したい内容はざっと上記内容である。
ほかにも細かいことはあるが、約3,000円のイヤホンに多くを求めないから割愛する。

まとめ

俺が伝えたいことは「とにかく安いワイヤレスイヤホンなら"TaoTronics"おすすめだよ」ってこと。安いイヤホンだとしても失敗はしたくない。だったらちょうどいいものがあるよ。ってこと。

最悪壊れたり失くしたりしてしまってもそんなにダメージじゃないし、再度購入すればいいだけだ。

しかも保証も1年付いてくる。登録すれば更に18ヵ月延長保証も付いてくる。合計30ヵ月である。なんだこの大盤振る舞い、すごい。

俺の先輩はAirPodsを3回失くしてる。これですでに5万以上の出費でプレステもswitchも変えてしまう。

カナル型は個人的に好きじゃなかったけど、これはずっと使ってるからやっぱりけっこういいものだと思う。
ぜひイヤホン購入の際に参考にしてもらいたい。

 

詳しくはHPにて。
https://www.taotronics.jp/soundelite71

-ガジェット, ライフハック, 買ってよかったもの
-,

Copyright© 俺んちマガジン , 2020 All Rights Reserved.