ヘッダー画像

ガジェット ライフハック 子育て 家電 節約 買ってよかったもの

【ゴミ削減&節約】電池は充電式タイプがおすすめ。子育て中なら特に必要。

2020年4月28日

俺は以前まで、電池は100円で10本入りなどの激安商品ばかり使っていた。
だが、1年前から充電できるタイプのものに変えた。

1年間使ってみての感想。
「初期投資は数千円するけど、充電タイプの電池を使ったほうがいい」

初期投資は高いけど、最終的にすべてにおいてメリットとなる。
ここに使うべき理由を説明するから、ちょっと興味がある人は参考にしてほしい。

こういうのは早めに購入し、使用し続けるのが一番いい。

テツです。Twitterもよろしくおねがいします。

充電タイプの電池のメリット

圧倒的に安い。一回あたりの電気代は0.2円

初期投資は高いが、一度買ってしまえばタダでずっと使用できるようなものである。
一回充電するのに約0.2円。まさに破格である。

1本502円の充電池と22円の乾電池と比較し単純計算すると25回で元が取れる。
500回充電すれば5500円の差にもなる。先行投資と考えれば結果的に大きな差が付くのだ。

※502円の充電池は高い充電池だから、実際はもっと安い


※POOL 公式サイトより

ゴミが出ない

乾電池のゴミ出しは他の物と分別するようだから不便だ。
俺の場合は近くの廃棄物処理場にある程度溜まったら捨てている。
2~3ヵ月に一回まとめて捨てることになるが、それまで分別しているのも面倒。

それに比べて充電池は何度も使用できるから、極力乾電池のゴミの量が減らせる。
めんどくさがりやな俺はコレが一番のメリットで充電池を使用しはじめた。

何度でも使える。買いに行く必要がなくなる。

子育てすると分かると思うんだけど、赤ちゃんグッズは電池を使うものが多い。
我が家のこれらのおもちゃはすべて電池を使用する。ちなみに他にもまだまだある。

それにリモコンやテプラ、その他電化製品だって、2020年でも未だに乾電池を使用するものは多々ある。

充電池を使用していないとゴミ電池はでるし、下手すると「新しい乾電池がない!」ってこともありえる。
これらを防ぐためにも充電池はひそかに最強アイテムなのだ。

デメリット

デメリットをあえて書いているが、メリットのほうがあまりにも大きいからデメリットなんてたいしたことない。

初期投資が高い

もちろん、充電池になるから普通の乾電池よりかはいくらか高い。
だが破格なほど高いわけではなく、1本あたり100円~200円。
5~10倍ほどの値段だが、元の金額がそこまで高くないからそこまで大きな違いはない。

むしろすぐに元は取れる。

容量と電池持ちは比例しないから紛らわしい

充電池には容量が書いてあるんだけど、容量が大きいからと言って、実使用時間が比例するわけではない。
スマホで容量が大きくても、CPUの能力によって充電持ちが違うのと一緒だ。

だが、電池で使用するものは長時間使用するものはあまりないため、そこまで顕著にわかることはない。

おすすめな充電池

充電池って子供の頃に使っていたくらいで、今はPanasonicのエネループくらいしか知らなかった。
だが、Panasonicのエネループは高い。品質はもちろんいいんだけどね。

実はエネループ以外にも充電池は各社がしのぎをけずって様々な商品が販売されている。
その中でもおすすめなものを紹介する。

【充電器】ニッケル水素充電池用 GTX04(単3単4使用可能)

一気に乾電池を8本、12本必要なシチュエーションってあるのだろうか。
最初に12本とか買った場合、一気に充電したい気持ちも分かるが、そのあとは2本か4本ずつしか充電しないはずだ。
だから俺は4本充電可能なタイプを購入した。

せいぜい電池を入れる電化製品なんて4本がだいたいMAXである。
大きいタイプの充電器を置いて、邪魔になるのも避けられる。
これは液晶で充電池の状態が分かるのもポイント。

【充電池】POOL

値段と容量が絶妙にいいパフォーマンスを誇る。
1000回使えて、容量も実使用時間も満足する値。
俺はこれを使用している。

一気に買えたかったから、16本入り×2を俺は購入した。

見た目はださいけど、どうせ見えない部分だからこれで満足。

【充電池】TOSHIBA IMPULSE

買うならこの電池が最もコスパに優れる。
値段と実使用時間が素晴らしい。
1円当たりの使用時間はトップクラス。
だが、実際に使ってて感じるのはなかなか難しいだろう。

初期投資を抑えたいのであれば、POOLをおすすめする。
だが見た目はこっちのが断然かっこいい。

 

まとめ

なんといっても、俺にとって充電池の最大の利点はゴミ電池を排出しないこと。
乳児、幼児の子育て期間中のおもちゃはマジで電池駆動が多い。
だから電池の消耗が意外と激しい。だがこれでほとんど無限に使えるおもちゃの完成だ。

更に今後は電池を買わなくてすむから電池代が大幅にカットできる。買いに行く手間も省ける。
まさに良いことづくしだ。

タイトルにも書いた通りだが、充電池は子育てするなら尚更早めに準備しておいたほうがいい。
先行投資と考えてもすぐに元がとれる。

普段何気なく通常の電池を購入していたけど、早めの段階で充電池の良さに気付けてよかった。
これからはゴミ電池がでない生活が待ってるから嬉しい限りである。

-ガジェット, ライフハック, 子育て, 家電, 節約, 買ってよかったもの

Copyright© 俺んちマガジン , 2020 All Rights Reserved.